土木コンサルタントで設計業務を受注しています。

会社員の頃は技術職であったため、経理関係は総務の職員の方の仕事と思っていました。

個人事業主になって確定申告が必要になったのですが、初年度は書類の記入の仕方が全く分からず、税務署が確定申告の時期に開く説明会に参加し、科目の分け方などを教えてもらいました。毎年、確定申告の時期が業務の繁忙期と重なるため、前年度の確定申告の記録を参考にし、なるべく短時間で申告書の作成が出来るように心がけていますが、e-Taxの申請に必要な個人認証の有効期限が3年毎に更新なので、提出しようと思ったら期限切れで、個人認証の申請が間に合わないということを何度か経験しています。

提出間際の税務署は混んでいるので、出来ればe-Taxで提出したいものです。会計ソフトはMFクラウド確定申告を使用しています。業務量も少ないので、無料サービスの範囲内で経費の整理に使用している感じです。業務内で発生する領収書は科目ごとにファイリングをしておき、時間のある時にMFクラウド確定申告に入力しておくことで確定申告期間の作業量を少なくする工夫をしています。(1~3月が繁忙期のため)

また、ソフト内に入力した経費を一覧で出力しておくことで、保存が義務付けられている帳簿作成にも役立ちます。

経理処理に関しては外注はしておらず、事務職員も採用していないため、見積、請求書の発行や経費の整理なども全て本人が行っています。業務量がさほど多くないので、月に1日程度の作業で、これらをまとめて整理しています。収入が少ない個人事業主の方であれば、クラウドの会計ソフトなども利用して自分で確定申告することはそんなに難しいことではありません。

最近は国税局のe-Taxの申告書作成ソフトもかなり便利になってきているので、初年度に少し時間を掛けて作成しておけば、次年度からは数字を入れ替えるぐらいの作業量になります。経理処理を外注すれば、最低でも月数万円は必要なので、こじんまりと営業している個人事業主の方は、まずは自分で申告することをお勧めします。

経理代行を個人事業主でやっています。空き時間にクラウドソーシングをやっています。

経理経験がありますので、苦労することはありませんでしたが、領収書をまとめたり、請求書を発行する作業は毎月必ずありますし、年に一回の確定申告も自分で申告していますので、確定申告が終わるまでが大変です。

独立初年度は、個人事業開始の手続きから、確定申告の手続きも初めからやることになりますので、処理や手続きが多くて大変でした。
確定申告にとついては、タックスアンサーで確定申告を進めましたので、個人情報を埋めていくのに時間を要した記憶があります。
ただ、データを翌年に引き継げるため、次年度の確定申告は、数字を埋めていくだけの作業が中心でしたので、作業が早く終わるメリットがあります。

領収書をまとめたり、事務処理で時間を要することはありますが、最終的に確定申告の作業は、タックスアンサーで進めることをおススメします。
確定申告をする上では必須アイテムとなっています。会計ソフトは使用しておらず、エクセルで管理しています。
自分で管理できる範囲ですので、エクセルで帳簿をつけています。
事業とお金の流れがシンプルなので、会計ソフトを利用するところまではないです。
自分で、経理代行をやっていることもあり、お客様で市販の会計ソフトを利用して会計処理することはあります。
また、税理士事務所との付き合いで、税理士事務所側の会計ソフトを利用することもあります。

自分やお客様の事業規模によって、会計ソフトを導入するしないはありますが、事細かに管理していくなら、会計ソフトを導入して会計処理することをおススメします。
会計ソフトを導入するメリットとして、後々に事業計画や業績推移をチェックする際に、管理やチェックがしやすいためです。簡単であれば、エクセルで管理していくのがいいと思います。
自分で管理する分には、コストはかからないので、管理できる範囲は自分でやることをおススメします。
仕事が増えて業績が伸びてくると、管理がし難い環境になるため、管理がしづらいと感じ始めたところで会計ソフトを導入すると良いと思います。

税理士や経理代行会社に依頼する場合は、コストが発生しますので、予算と依頼できる範囲を相談してみて決めると良いです。
自分から相談する場合は、相場が分からないと思いますので、事業をやっている知り合いに紹介なり相談するのも良いです。

ペット関連のお仕事を一人でやっています

事業をはじめたとき経理の経験もなくまったくの素人の私にとっては青色申告はいろいろ面倒だときいていたので
最初は白色申告をしていました。
ただ仕訳などがわからず当時勤めていたパート先の税理士さんに相談に乗っていただいたりました。
2年ほど白色申告をしてきたのですが
売上もあがるようになったので控除の少ない白色ではもったいないと青色申告にしました。

素人が一人で青色申告はとてもハードルが高かったので
使い勝手のよい直観的に処理できる私自身にあった会計ソフトを検索し
体験版を何社分か使い自分にしっくりくるものを選びました。
その結果パソコンに仕訳して打ち込むだけであとは全部ソフトがしてくれ
今年の3月無事に初めての青色申告を無事終えました。

白色申告のときに学んだ仕訳の仕方とかもそのまま使えたので
白色申告も無駄なものではなかったと思っています。
自信のない方はまず白色申告から始めるのもいいかもしれません。領収書整理・会計ソフトはやよい青色申告オンライン版をつかってすべて自分でしています。
このソフトは口座やカード決済分を連携しておくと自動で取込をしてくれるので
私が入力するのは現金分のみなのでとても助かっています。
自宅で仕事をしているので通信費や電気代など確定申告時に家事按分も指定でき
オンライン版なのでデーターが消える心配もなくとても重宝しています。
費用はかかりますが税理士さんにお願いするよりはお安くできると思います。

毎月きちんと領収書整理などできればいいのですが
どうしてもまとめてしまって最後に慌ててしまいます。
最後に領収書をまとめる手作業が一番手間がかかるので
今年はその部分をなんとかもっと効率的にできればいいなと考えています。会計ソフトはそれぞれご自身が使いやすいものを選べばいいと思います。
最初は体験版など使い数社比較して決められたほうがいいです。
私はその体験版を年があけてから検討をはじめたので時間がなく焦りました。
なのでソフトの選定は年内からはじめたほうがよりスムーズに確定申告に進めると思います。
会計ソフトを使う場合は初年度だけでもサポートをつけたほうが安心です。
サポートをつけておくことで細かいところまで質問に答えてくださるので
安心して確定申告まで進めました。